カテゴリー別アーカイブ: Internet

Radiko Server

一月ほど前になる。Rdiko で録音ができなくなった。エラーメッセージは「radikaβ ver.1.71.0.0 エラーが発生しました。対象のコンピュータによって拒否されたため、接続できませんでした。219.103.34.222:1935」。

システム管理メモに、Radika: 接続できませんでした。219.103.34.222:1935がある。ありがたい。

接続できなくなったのは、ラジコのストリームサーバーが変更されていたため。  旧: w-radiko.smartstream.ne.jp(219.103.34.222)  新: f-radiko.smartstream.ne.jp(203.211.199.181)

ここでは対策として Windows の hosts ファイルの書き換えを提示している。

ほかにないか探す。

【radiko】Radika β2【らじる★らじる】 – READ2CH にあった。バイナリエディタを使って AYTHKeyGet.exe の一部(一字)を書き換える方法だ。

  1. バイナリエディタを使って、AYTHKeyGet.exe(※)を開く。私は FavBinEdit を使った。
  2. アドレス 221F74 に移動する。
  3. 77 を 66 に書き換える。w が f に変わる。
  4. 書き換え後、上書きして完了。

※ この AYTHKeyGet.exe は Radika 1.71: ラジコ録音開始が約10分遅れる問題回避を見て知った「問題回避版 AYTHKeyGet.exe」。

これで Radika の接続先は、w-radiko.smartstream.ne.jp から f-radiko.smartstream.ne.jp になった。

Radika

ラジオを radiko.jp で聞く。Radika で録音する。

去年(2013年)、Radika で録音ができなくなった。

録音する方法はないか探した。見つけた。

Radika 1.71: ラジコ録音開始が約10分遅れる問題回避

Windows XP 上にてRadika 1.71を使用してラジコを聴取、録音する場合、m4a形式を利用すると、聴取や録音開始が約10分間遅れたり、選曲する度に10分間待たされるという現象が発生しています。

4/1以降の話なのでラジコサーバー側で何か処理変更したものか、4/1以前から利用を続けているRadika 1.71側での何か処理落ちがあったのか不明ですが、ネットワーク上のサービスとフリーツールを使っている以上、こういうことはよくある話。幸い、前のメモに訪問いただいた方から複数の情報を書き込んでいただき、回避する方法を何通りかまとめることが出きましたので、ここにメモしておきます。

  1. ラジコチューナーの「ラジコ(フック)」を優先順位の1番目に持ってくる。(音質が若干劣化するが、その他のアップデートやインストール作業は不要)
  2. Windows XPには未対応だが、IE10を入れると回避できる。(私はテストしていません。) ただし、IE11に上げると再び問題が発生するという情報有り。(私はXP環境なので未確認。)***
  3. radika フォルダーにある AYTHKeyGet.exe プログラムをRadika作者のものではなく、他の方が作成されたフリーツール+α と置き換える。

上記 1〜3のいずれかで回避できるようです。1,3 の方法はWindows XPで利用可能です。

上記3の方法に関して試してみたところ、若干作業方法がわかりにくかったため、以下に、私なりの置き換え手順をまとめてみました。

  1. まず、radika を終了させ、radikaを 1.71をインストールしているフォルダーをバックアップする。C:\program files\radika フォルダー(として使っているなら)単純にマウス右クリックにて、このフォルダーを圧縮ファイル.zip として保存しておきます。(録音スケジュールや設定情報を万が一のために備えて保存しておきます。)
  2. radika フォルダーを開き、その中にある AYTHKeyGet.exe プログラムを AYTHKeyGet_orig.ex_ などのように名前変更します。
  3. 問題回避版 AYTHKeyGet.exe プログラム作者の方のページからReadMeファイルをチェックし、自分が利用する方法として問題ないと考えるなら、AYTHKey-Alternative トップページ の下の方にあるバイナリーダウンロードのリンクをクリックして AYTHKeyGet Alternative.zip をダウンロードします。 このアーカイブを展開し、中にある AYHKeyGet.exe を radika フォルダーに移動します。
  4. 次に、swftoolsダウンロードページから swftools-2013-04-09-1007.exe をダウンロードして、Windowsにインストール。(インストールには管理者権限が必要です。** Windows 7ユーザーの場合、ダウンロードしたファイルを実行する前に、プロパティ-互換性 から Windows XP SP2 との互換 を選択しておかないとインストールが出来ないという情報があります。私は未確認ですので、詳しくは本メモのコメントをチェックしてください。) インストール後に C:\program files\SWFTools フォルダーを開き、swfextract.exe を radika フォルダーにコピーします。
  5. Radika 1.71 を起動して、フックじゃない方(m4a 形式の)のチューナーでラジコを遅延なく再生できるかどうかを確認します。
  6. 動作を確認できたら、swftools はアンインストールしてもOKですし、せっかくなのでそのまま利用させていただいてもいいと思います。radika のバックアップも不要なら消去します。

回避プログラムの名称から考えて、ラジコは現時点ではFlashアプリとしてのみ利用可能なようで、Flashコンテンツの中身を取り出すユーティリティーを間に噛ませてデータのやりとりをさせている感じがします。勝手な解釈ですが。

私の場合、2台のWinXP PC で上記の回避策を行い、4/1以前と同様の動作に戻りました。(正確には以前より再生までの待ち時間が減った。)

( ** 部分を 2013/07/01に追加) (*** 部分を2014/04/03に追記)

Updated: 2014/04/04 at 17:41

システム管理メモ. Updated: 2014/04/04 at 17:41. Radika 1.71: ラジコ録音開始が約10分遅れる問題回避

Radika の作者 山元司さんは、2012年10月27日に公開した Ver1.71.zip を最後にプログラムを更新されていない。そこで、Radika の AYTHKeyGet.exe プログラムを、上の手順で他の方が作成したフリーツール+α と置き換える。